サービス一覧

市場レポート、新商品情報、ライフスタイルトレンド情報が閲覧できるオンラインサービス。

業界に特化したソリューション

高品質なサービスを様々なフォーマットにてご提供致します。

個別ニーズに応じた調査設計

お客様それぞれの課題に応じて、解決策をご提案致します。

最新情報

日本のインスタントラーメンが健康ブームに乗るまで

即席麺は、北アジアが世界をリードしています。人口の多い中国は即席麺の最大の市場(数量ベース)であり、韓国は一人当たりの消費量でトップに立っています。日清が初めて即席麺を発明した日本は、イノベーションの本場です。…(続きを見る)

日本の消費者がeコマースを選ぶ理由は「お得感」

日本の消費者がFMCG製品(日用消費財)をeコマースで購入するモチベーションは、「送料無料」「クーポン」「価格の安さ」といった「お得感」にある
eコマースで多く購入されているFMCGカテゴリーは健康食品(69%)と化粧品(47%)
eコマースへの情報提供への抵抗感は年齢が上になるほど強くなるが、これを源泉に提供されるレコメンデーションの恩恵を一番受けているのはシニア層
環境に配慮した取り組みを行っているECサイトが若い世代や女性に支持される傾向に

新型コロナウイルスは、世界のeコマース市場の拡大に拍車をかけ、今やオンラインショッピングは多くの消費者のライフスタイルに欠かせないインフラとなっています。Mintel Japan Reportsの最新の調査では、FMCG製品を店頭ではなくeコマースで購入したいと考える日本の消費者は多く、その主な理由は「お得感」で、生活習慣として日々消費される健康食品や化粧品がeコマースで多く購入される傾向にあることが分かりました。対して、食品や洗剤などの家庭用品は「すぐに持って帰りたい」「実物を見て買いたい・選びたい」といったニーズから、購入は店頭を好む消費者が多い傾向はまだまだ根強いようです。…(続きを見る)

日本の女性用ヘアケア製品に「ポジティブにエイジングと向き合う」といったメッセージを込める必要性

日本におけるアンチエイジング用ヘアケア製品市場は、さらなる成長の可能性を秘めています。

MintelGNPD(世界新製品情報データベース)によると日本は現在アンチエイジング用ヘアケア新製品の発売数において、世界のトップ6に入っています(5%)。しかしながら首位ブラジル(25%)と比較するとこのカテゴリーにはまだ発展の余地があります。…(続きを見る)