海外フェムケアトレンド:お茶やグミなど気軽に摂取できる食品・飲料で更年期症状とうまく付き合う

英国、ロンドンに本社を置く市場調査会社「Mintel Group」の日本法人「株式会社Mintel Japan(ミンテルジャパン)」は、2024年5月22日から3日間に渡り、東京ビッグサイトにて開催された「ifia JAPAN 2024」に出展しました。

展示ブースでは、「健康と栄養を通して女性の各ライフステージをサポート」と題したミンテルのレポートでご紹介している、女性特有の身体の不調をサポートするサプリなどを世界各国から取り寄せ、展示しました。また、世界86市場の日用消費財を原料や訴求内容から検索することができる「ミンテル世界新商品データベース」や世界と日本における食品・飲料のトレンドが把握できるオンラインレポートシリーズ「ミンテルジャパンレポート」をご来場者の皆様にご紹介しました。

  • 更年期障害の症状とうまく付き合うためのサプリや食品・飲料

更年期とは一般的に閉経を迎える前後の各5年間、主に40代後半から50代前半までの10年間を指します。

海外では、更年期を前期・中期・後期と分けて、それぞれの段階で生じる不調に対処する成分を配合したサプリ の製品開発が見られます。またサプリではなく、 日常的に摂取しやすいお茶やグミという形状で、こういった症状をサポートする商品も販売されています。ifia JAPAN 2024では、ミンテルのレポートでご紹介している、同分野の海外製品を展示しました。

 

展示品紹介カード一覧のダウンロードはこちらから :

https://japan.mintel.com/innovative-products-showcase-ifia-japan-2024

 

 

 

  • レポート「健康と栄養を通して女性の各ライフステージをサポート」の概要

より健康的に年を重ねることや、個々の尊重への意識が高まっている今日。 更年期や妊婦のための栄養、ホルモンバランスについてなど、「女性の健康」に焦点を当てた製品開発への注目 が世界的に集まっています。

 

ifia JAPAN 2024でご紹介したミンテルの無料版レポート「健康と栄養を通して女性の各ライフステージをサポート(海外の事例)」では、 女性が様々なライフステージで直面する身体の不調に対処するために、食品・飲料業界ができるサポート について解説しています。

本レポートにご興味のある方は、infojapan@mintel.comまでお問い合わせください。

 

【目次】

1.多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):世界的な罹患率と対処法、既にみられる海外の製品例

2.妊婦:妊娠期間中に食品・飲料を通じて女性をサポートする必要性と海外における製品開発

3.更年期:症状をホリスティックにサポートするサプリメントや食品・飲料の例

 

【レポートの一部抜粋】

 

 

■会社概要

企業名:株式会社ミンテルジャパン

本社所在地:東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 丸の内ビルディング18階

代表:リチャード・カー

設立日:2008年03月

事業概要:トレンドレポート・データベースの販売、市場調査、市場分析等

WEBサイト: https://japan.mintel.com/