消費者が「何を」「なぜ」求めているかを探すエキスパートであるMintelは、APAC(アジア太平洋地域)におけるビューティー、パーソナルケア業界の動向を発表しました。このアナリストによる考察では、ミンテルが予測したトレンドが、各地域のビューティ、パーソナルケア市場でどのように展開されたかを明らかにし、アジア太平洋地域での市場と消費者動向を紐解きます。

APAC南部ビューティー&パーソナルケア ディレクターオブコンサルティング Sharon Kwek によるコメント

「美容製品はこれまでも、感情に訴えかける(エモーショナルな)手法で販売されており、消費者に自信、イメージ、願望を与えてきました。新型コロナウイルスの影響を軽減するための対策の実施や、E-コマースへの劇的な転換を経て、この時代のエモーショナル・セリングが消費者のニーズをかなり複雑に表現していることはすでにお気づきのことでしょう。

カスタマージャーニーが、もはや直線的ではなくフィジカルスペースとデジタルスペースの両方のタッチポイントが同時進行することで、消費者のブランドディスカバリーは、まさに瞬発的なものとなりました。

Mintelが毎年発行するAPAC(アジア太平洋地域)におけるビューティー、パーソナルケア業界の動向 では消費者トレンドにおける進化とブランドにとっての新たな商機に焦点を当てています。」

『APAC(アジア太平洋地域)におけるビューティー、パーソナルケア業界の動向』 詳細内容:

ビューティーコンシューマーは感情的な深みを求めている

「 消費者の期待が高まっている今、 見た目やパッケージ、 テクスチャーの面白さなど の魅力が求められています。Mintelは、 これらが人々の購買決定 に 強い役割を果たすようになってきたと考察しています。 製品やブランドの飛躍となる要因、 つまり口コミ効果やトレードアップ(より高価な製品を購入する) 機会に繋げることです。

ブランドにとって今も新商品の開発の核となるのは機能性や有効性であり消費者が購買する際の大事な要素でもあります。しかし重要性を増しているのは、楽しくて、一眼を引く見た目と、多様な使用体験できるなどの新たな角度からの活用方法です。 感覚的に 訴える製品は、 ブランドが激しい競争の中で際立ち、 若い世代にアピールするのに役立やっています。

ブランドと消費者のフレッシュな関係を築く

「Mintelのデータによると、中国の81%の消費者が自分はコミュニティの一員であると感じることが重要であると考えています。また、シンガポールとタイでも、61%の消費者が同様の意見を述べています。さらにインドでは、女性消費者の36%がSNS上の美容コミュニティやグループに属していると回答しています。

消費者がこれらのコミュニティを活用して、製品の使用感やブランドへの思いを共有することで未開拓の消費者層の潜在意識に訴えかけることができます。事実や数値は、品質を保証する大きな要素ですが、製品やブランドを表現する要素は流動的なものです。だからこそ、感情に訴えかける、エモーショナルセールスによって消費者への働きかけを広げることができるのです。」

 

データソース:  ミンテル・グローバル・コンシューマー、2021年3月

18歳以上の中国人インターネットユーザー1,000人

18歳以上のシンガポールのインターネットユーザー1,000人

18歳以上のタイ人インターネットユーザー 1,000人